ピアノ初学者のための独習動画レッスン

ピアノ初学者のための独習レッスンをテキスト付で動画配信します。読譜編・楽典編・レパートリー編で構成されています。

拍子

こっそりピアノ楽典編③

楽典編③表紙


こっそりピアノ楽典編③公開しました。

⑨ピアノ初学者のための独習動画レッスン楽典編③

表紙☆楽典編③

⑨ピアノ初学者のための独習動画レッスン楽典編③

公開しました。

拍子は『心理的』観点から成り立っている!

事を学ぶことがテーマです。

テキストはこちら



拍子の話


                                
ブログ用やぎ




































ずーと以前、坂本龍一が何の曲だったか忘れたが、「自分は基本的に楽譜は公開していないが、耳の良い人が楽譜にしたものが、世の中に出回っている。音もリズムも勿論すべてあっているんだけど、拍子が違っていた。4分の4拍子と2分の2拍子の違いだった。」とテレビで話していた。

現在、楽典編の「拍子」の準備をしていて、このエピソードを思い出した。

「調」にしろ、「拍子」にしろ、聞いている方はあまり意識しない事かもしれないが、作曲する方は、完成度の問題になってくるのでとても大切だし、演奏する方も「イメージ」や「ノリ」が大きく変わる。「調」や「拍子」の微妙な違いを感じることができたら、勉強のやりがいが増すし、楽しみ方が深くと思う。





















拍子の話


西洋音楽には「拍子」がある。

3拍子は、3拍に1回強い拍がある。

4拍子は、4拍に1回強い拍がある。

この何拍ごとに強い拍があるかで、何拍子かが決まる。

拍子感を持っている人と、持っていない人では、新しい曲の読譜に大きく差がでる。

拍子感を持っていたら、その拍子で前へ進もうとし、

そこで集中力が生まれ第1拍目を追うので、曲の骨格をつかみやすい。

拍子感を得とくするには、知っている曲を聞きながら、第1拍目で「膝を曲げる」こと。


なでしこ