ピアノ初学者のための独習動画レッスン

ピアノ初学者のための独習レッスンをテキスト付で動画配信します。読譜編・楽典編・レパートリー編で構成されています。

ピアノ

ぐーぱーたいそう

ぐーぱーたいそう表紙


現在教えている2歳半児のために作りました。

遊び歌の感覚で、気軽に楽しんでもらえたらと思います。

新しいユーチューブチャンネルを開設したので、

チャンネル登録をお願いします。


鍵盤幅

鍵盤写真(2つ)


白い鍵盤の幅は、特別なピアノを除いて基本23ミリ。

ピアノはバイオリンと違って、子供用がない。

大人も子供も同じ23ミリを弾く。

未就学児のレッスンでは、5線譜を学ぶ前に、

鍵盤の幅を覚えさせることを意識してレッスンする。

両手とも、手を見ないで基本の5指の幅感覚をつかむと

意識が5線譜にいくので、音名の習得が早い。


3つのくろキーソング

3つ黒鍵練習カード


「2つ」があるということは「3つ」もあるわけで・・・(笑)

<なんとなくわかっているようだ>ではなく、

しっかり理解しているかを確かめるために

四方八方から、飽きないようにさまざまなカードで

遊ばせるように訓練します。







ピアノの先生を選ぶ基準

0434692F-9403-401B-B46F-949A369F8C6A


以前からよく聞かれる質問だが、最近も聞かれた!

ピアノ教室を探しているけど、どのような先生がよいですか?と。

私は、「発表会をしている先生」と答えている。

どんな習い事もそうだが、先生の方針と相性がある。

指導力や、人間性も大切だが、生徒が求めるレッスン内容や音楽ジャンルと

先生のレッスンが合致しなければ有意義にならない。

ただ、発表会だけの効果はとても大きく、月謝分程度の参加費がかかるが

それ相応の収穫があると確信している。

発表会までの努力や、当日の緊張感から得るものはとても大きい。

ピアノが初学者に向いている理由


あらゆる楽器の中でピアノが初学者に向いている理由は

<音を鳴らすことが簡単だから>である。

鍵盤をたたけば、正しい音程で音が鳴る。

ヴァイオリンは、ピアノと違って幼少期のサイズがあり、

子供むけだと思われがちだが、音と音程を作る作業が簡単ではない。

ヴァイオリンの習いはじめの音は雑音で、鍛錬で楽器の音にしていく。

また、ギターのようにフレット(音程の印)がないので、

自分で音程を探ぐる必要がある。つまり、耳の力が必要。

ピアノは持ち運びができないが、

音域が広く、名前の通り大きな音も小さな音も出て華やかなので

早い段階で楽しみながら達成感を味わえるのも魅力なのだろう。

ピアノの正式名称はピアノ(小さく)フォルテ(大きく)


正月②