花⑤


中学生前後の青少年?から、これまで数回

「歌が上手かどうかは、なぜわかるの?」と聞かれたことがある。

「歌っている声がフラフラしていたら、あまり上手じゃないんだよ。

上手な人の声がピンと張っていて安定している感じ」と毎回答えている。

ピアノを教えるときの常套句に「音の粒を揃えて!」がある。

テンポが速くても遅くても、動くが細かくても否でも

「音の粒が揃っている」ことが技術なのだ。

つまり「音が安定している」ということ。

聞いている人にとって「安定している音」は心地よい。

そして、その安定はそれぞれ働かせる箇所の「筋肉」が生む。