ピアノ初学者のための独習動画レッスン

ピアノ初学者のための独習レッスンをテキスト付で動画配信します。読譜編・楽典編・レパートリー編で構成されています。

2021年07月

「間」

GW16


絵画や写真などの実際の動きのない芸術は別だが、

舞台にしても音楽にしても、表現の要に「間」があると思う。

「間」は、「無音」だが、多くを語っていることがある。

また、アナウンサーがニュースを話すときなどは

「呼吸」を感じる。

音楽のフレージングは、まさしく「呼吸」であり「無音」である。

聞こえない音を大切にすることは、センスそのもの。

現実逃避?(笑)

ぴあのうた


ピアノ初学者のための独習動画レッスン 改訂版の編集を進めないといけないのだが、

潜在意識と合致していないのか、慣れない作業から逃げているのか、中々進まない!

それとは別に、5歳児のレッスン用として作ったテキストが完成した。

動画でアップする予定だが、もしかしたらこの動画の方が早いかもしれない (´▽`)

贖罪「傘村トータ」

GW13


「傘村トータ・贖罪」という曲の歌詞に注目した。

長い歌詞のなかで

ごめんなさいを言わなかったこと
ごめんなさいを簡単に言ったこと
ありがとうを言わなかったこと
ありがとうを勝手に期待したこと


とある。

音楽的(メロディー)は特別な印象はないが、

歌詞は、自分の口癖や日々の思考、行動を改めて考えさせられた。



遅々として進まず・・・

読譜編1-1


「ピアノ初学者のための独習動画レッスン」が不評だったので、

改訂版を作成中だが、遅々として進まず・・・の今日この頃。

先に投稿した動画をみた友人が「無料でコンサルします(笑)」と言ってくれ、

ゆっくり会ってから、詳しく説明してもらうことになっていたが、

このご時世、なかなか会えず・・・

痺れを切らして簡単な説明を乞うと「パワーポイント」で作った方が良い!と。

何ですって?パワーポイントで出来るの?初耳!

早速お試しに作ってみたら、出来るではありませんか!

せっかく、動画作成ソフトに慣れたところだったので、

パワーポイントで作るとなると、膨大な時間がかかりそうだ。

改訂版の公開はいつになることやら・・・

おけいこさま

アジサイ③


随分前の事だが、幼児の生徒のレッスンの前に、その母親が

「さっさとしなさい! 先生がお稽古をつけてくださる時間よ」

と子供をせかした。

この<おけいこをつける>

現在、この言葉は生きているだろうか?

実は、先日メルカリで取引した相手のニックネーム? が

「おけいこさま」だった。 このニックネームを見て

「お稽古をつける」を思い出したのだった。

その方の本名は「恵子」かも、「啓子」かもしれないが、

自分の名前に「お」の丁寧語をつけて更に「さま」の敬称をつけるとは

自分を鼓舞しているのか、自己肯定感が強い方なのか。

ピアノに限らず、稽古が「お」で敬ってもらえるのは過去の話ではないだろうか。

しつこいようだが、「ピアノ教室はサービス業? 」と実感する今日この頃だから。