音符の棒の長さ


楽譜の音符の長さは原則として「1オクターブ上または下まで」と決まっている。

上記の赤丸の部分

ただし、のようにハタが繋がっている場合は、始めの音符と最後の音符を基準に

バランスを取りながらつなぐ。

直に音符を書くことはあまり、ないかもしれないが、その際は注意である。

音を出して練習できない時に、写譜をして勉強していた頃が懐かしい。

大好きは曲は、写譜を強く勧める。弾いていては気づかないことがあるかもしれない。