クリスマスかざり


レパートリー編の第2回の曲に「ふるさと」を考えている。

この曲は「ヘ長調」だと思っていたが、

「ト長調」の楽譜が多いので、困っている。

私は、長調の中で「ヘ長調」が好きだ。

暖かい雰囲気がする。以前、「嬰ハ短調」が好きなのは、

冷たい感じだから。とブログに書いたので矛盾するが

悲しい雰囲気の短調は「冷たい」感じが、より悲しい雰囲気になる気がする。

ヘ長調は、子守唄によく使われる。

皆さんは、文部省歌「ふるさと」は、元気な「ト長調」と

優しい「ヘ長調」と、どちらがイメージですか?