ピアノ初学者のための独習動画レッスン

ピアノ初学者のための独習レッスンをテキスト付で動画配信します。読譜編・楽典編・レパートリー編で構成されています。

2021年01月

⑦ピアノ初学者のための独習動画レッスン楽典編②


表紙☆楽典編②



⑦ピアノ初学者のための独習動画レッスン楽典編②をアップしました。

『音符・休符の持つ長さは、相対的である』

ことを学ぶことが目的です。

テキストはこちら



⑥ピアノ初学者のための独習動画レッスンレパートリー編2

表紙★レパ2



『ピアノ初学者のための独習動画レッスンレパートリー編2』<カナデル1-a>

「ダンパーペダルの後踏み」を学ぶための曲です。

シンプルで短くすることでぺダルに集中できるようにしました。

今回は楽典問題だけではなく、課題も加えました。

テキストはこちら


ピアノが初学者に向いている理由


あらゆる楽器の中でピアノが初学者に向いている理由は

<音を鳴らすことが簡単だから>である。

鍵盤をたたけば、正しい音程で音が鳴る。

ヴァイオリンは、ピアノと違って幼少期のサイズがあり、

子供むけだと思われがちだが、音と音程を作る作業が簡単ではない。

ヴァイオリンの習いはじめの音は雑音で、鍛錬で楽器の音にしていく。

また、ギターのようにフレット(音程の印)がないので、

自分で音程を探ぐる必要がある。つまり、耳の力が必要。

ピアノは持ち運びができないが、

音域が広く、名前の通り大きな音も小さな音も出て華やかなので

早い段階で楽しみながら達成感を味わえるのも魅力なのだろう。

ピアノの正式名称はピアノ(小さく)フォルテ(大きく)


正月②


音符の棒の長さ

音符の棒の長さ


楽譜の音符の長さは原則として「1オクターブ上または下まで」と決まっている。

上記の赤丸の部分

ただし、のようにハタが繋がっている場合は、始めの音符と最後の音符を基準に

バランスを取りながらつなぐ。

直に音符を書くことはあまり、ないかもしれないが、その際は注意である。

音を出して練習できない時に、写譜をして勉強していた頃が懐かしい。

大好きは曲は、写譜を強く勧める。弾いていては気づかないことがあるかもしれない。

今年からピアノを独習しよう!

正月①

~あけましておめでとうございます~

今年も「ピアノ初学者のための独習動画レッスン」発信していきます。

よろしくお願いします。

まだ、ピアノの独習を始めていない方は、今年こそ始めませんか?

始めるにあたり、縁起が良い日は

1月16日&1月23日です。

それまで、88鍵の鍵盤楽器を用意して、テキストを印刷して

当日はスマホを充電して・・・('▽'*)ニパッ♪